<< 『田舎に泊まろう!』その3 | main | メアリーブレア展。 >>

スポンサーサイト

  • 2009.11.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『リンゴが教えてくれたこと』

i.jpg
こんばんは。
さわやかな陽気が続いていますね。関東では残暑は感じる間もなく秋を迎えてしまいました。
体調管理も難しくなりますが、栄養・睡眠たっぷり摂って元気に毎日を過ごしましょう。

さて、今回はこの本に感動です!
私の父親の出身も青森県。その昔はリンゴ栽培もしていたそうで、冬になると毎年リンゴが送られてきていました。

■タイトル:『リンゴが教えてくれたこと』
木村秋則 著

著者は2007年NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演、2008年『奇跡のリンゴ』に取り上げられたことで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
数多くの苦難の道を歩みながら、ついに完全無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功。現在はリンゴ栽培のかたわら、全国・海外で農業指導を続けているとのこと。

以下、目次紹介。

第一章 木村、やっと花が咲いだよ

第二章 農薬はつらい―無農薬・無肥料への一念発起

第三章 死を覚悟して見つけたこと

第四章 米の自然栽培は難しくない

第五章 全国、世界へと広がる輪

第六章 すべて観察からはじまる

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

木村さんは、1988年5月13日のことを今も思い出すと涙がでると言います。無農薬栽培を始めて、初めてリンゴの木に花が咲いたのを目にした日です。

お祝いに「よく、頑張ってくれたなぁ」「ありがとう、よく花を咲かせてくれたね」と一本一本の木に日本酒を振る舞い、ねぎらったそうです。

成功に至るまでは本当に考えられないほどの苦難の道で、それでもご家族のご理解やご協力があり、なんとかやってこれたと言います。このご家族とのエピソードも胸熱くなるものがあります。


この本は農業にかかわる人のためだけのものではありません。
誰にも何かしらのメッセージが伝わると思います。

私自身は、人材育成の一端を担うお仕事をさせていただいてますが、この本を通じて改めて考えさせられたことがたくさんありました。

・環境づくりのヒント
・誉め、ねぎらうことの大切さ
・観察を通じて相手の少しの変化、反応に気付くこと
・うまくいくことがあれば、それは自分ではなく周囲に感謝すること
・常に探究と向上の心をもつこと

あれ?なんだか言葉にすると軽くうすっぺらくなっちゃいますね。私の表現力の問題でもありそうですが…。
木村さんのリンゴ栽培についてのサクセスストーリーとしても十分に読みごたえがありますが、自分に置き換えて読み進めるとまたおもしろい発見があると思います。

そして、木村さんにもいつかお会いしたい!『奇跡のリンゴ』も読みたいですね。

スポンサーサイト

  • 2009.11.16 Monday
  • -
  • 23:45
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
またまた素敵な本の紹介ありがとうございます。

ぜひ読みたいです。
  • Kay
  • 2009/09/24 9:21 PM
Kayさん、いつもコメントどうもありがとう!
木村さんの考え方は本当に素晴らしいので、あっという間にファンになりました〜(^-^)♪
  • yako
  • 2009/10/06 11:01 AM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM