<< 講習を受けてきました。 | main | 焼き魚の会。 >>

スポンサーサイト

  • 2009.11.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


MEDIC First Aid

こんばんは。
関東はあいにくの空模様がつづきました。。梅雨のはしりでしょうか。

このところ新型インフルエンザの話題が薄れつつありますが、引き続き外出先でも帰宅後もうがいと手洗いをしっかり行い、栄養・睡眠をしっかり摂って免疫力を高めましょう!

さて、先月“サービス介助士”の資格取得についてお伝えいたしましたが、その数日後“MEDIC First Aid”のトレーニングプログラムを受講してきました。

一年前に『Basic Plus』という、応急処置・心肺蘇生法(CPR)・自動体外式除細動(AED)についての訓練を受けました。
今回は『Care Plus』といって、『Basic Plus』の振り返りと、乳児や小児の対応をプラスαで訓練をするものです。
つまり、前回のものでは成人(と言っても9歳以上)のみにしか対応できなかったということです。

身の回りには、いつどんなハプニングが起こるとも限りません。
目の前で、大切な人が、あるいは見知らぬ人が倒れて命を失ってしまうこともあるかもしれないのです。
そんな時に、何か少しでも手助けしたいですよね。

・もしも目の前で人が倒れたら…。
・もしも意識を失っていたら…。
・もしも心肺停止状態だったら…。

実は数年前、私も目の前で20歳前後くらいの女性が倒れる場面に遭遇しました。
その時悲しかったのは、近くを通る人たちが見てみぬふりをし、その場を避けるようにしていたこと。
あまりに驚いて、気付いてすぐに女性への声かけをはじめました。すると若い男女のカップルが、「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけてくれました。
救急隊が到着するまでの間はひたすら、声かけと冬だったので体温がさがりすぎないように…と。
しばらくしたのち、ようやく救急隊が到着し、彼女は搬送されていきました。
幸い彼女は救急隊が到着する前に意識だけは取り戻していました。ほんとよかった(^-^)

あの時、今回学んだスキルがあったら、もっとはやく彼女の意識を回復できたのに…と思いましたが、やはり声をかける勇気が大切なんだと思います。

知識もスキルもなかったら助けられないと思われますか?
もちろん、知識やスキルがあれば直接助けられるかもしれませんが、できないからと言って無力感を感じることはないそうです。

『通報する』という行為を、ぜひためらわずにしましょう。『通報するだけでも、立派な救助行動のひとつです。』と、今回のレクチャーで教えていただきましたよ。

ちなみに、プログラムを受けたいという方は自治体のHPなどでさがしてみてください。有料ですが実施しているところもあるそうですよ。

スポンサーサイト

  • 2009.11.16 Monday
  • -
  • 22:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
見てみぬふりはせずに、通報する。

たいしたことは出来ないと思う前に、勇気を出すことが大事なんですね。
  • Kay
  • 2009/06/08 8:47 AM
さすが、要約上手ですね!その通りです♪
特別な時だけではなく、いつでも心がけたいところです。
  • yako
  • 2009/06/08 8:18 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM