スポンサーサイト

  • 2009.11.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


『リンゴが教えてくれたこと』

i.jpg
こんばんは。
さわやかな陽気が続いていますね。関東では残暑は感じる間もなく秋を迎えてしまいました。
体調管理も難しくなりますが、栄養・睡眠たっぷり摂って元気に毎日を過ごしましょう。

さて、今回はこの本に感動です!
私の父親の出身も青森県。その昔はリンゴ栽培もしていたそうで、冬になると毎年リンゴが送られてきていました。

■タイトル:『リンゴが教えてくれたこと』
木村秋則 著

著者は2007年NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演、2008年『奇跡のリンゴ』に取り上げられたことで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
数多くの苦難の道を歩みながら、ついに完全無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功。現在はリンゴ栽培のかたわら、全国・海外で農業指導を続けているとのこと。

以下、目次紹介。

第一章 木村、やっと花が咲いだよ

第二章 農薬はつらい―無農薬・無肥料への一念発起

第三章 死を覚悟して見つけたこと

第四章 米の自然栽培は難しくない

第五章 全国、世界へと広がる輪

第六章 すべて観察からはじまる

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

木村さんは、1988年5月13日のことを今も思い出すと涙がでると言います。無農薬栽培を始めて、初めてリンゴの木に花が咲いたのを目にした日です。

お祝いに「よく、頑張ってくれたなぁ」「ありがとう、よく花を咲かせてくれたね」と一本一本の木に日本酒を振る舞い、ねぎらったそうです。

成功に至るまでは本当に考えられないほどの苦難の道で、それでもご家族のご理解やご協力があり、なんとかやってこれたと言います。このご家族とのエピソードも胸熱くなるものがあります。


この本は農業にかかわる人のためだけのものではありません。
誰にも何かしらのメッセージが伝わると思います。

私自身は、人材育成の一端を担うお仕事をさせていただいてますが、この本を通じて改めて考えさせられたことがたくさんありました。

・環境づくりのヒント
・誉め、ねぎらうことの大切さ
・観察を通じて相手の少しの変化、反応に気付くこと
・うまくいくことがあれば、それは自分ではなく周囲に感謝すること
・常に探究と向上の心をもつこと

あれ?なんだか言葉にすると軽くうすっぺらくなっちゃいますね。私の表現力の問題でもありそうですが…。
木村さんのリンゴ栽培についてのサクセスストーリーとしても十分に読みごたえがありますが、自分に置き換えて読み進めるとまたおもしろい発見があると思います。

そして、木村さんにもいつかお会いしたい!『奇跡のリンゴ』も読みたいですね。

『日本でいちばん大切にしたい会社』

51vvdYvBVXL.jpg
こんばんは☆
オフ日はだらだらとし続けてしまっています…。
夏ばてするほどにはお仕事してないし、食事はばっちりで食欲旺盛だし〜。
まぁ、暇が多い…いや時間にゆとりがあるってことにしよう。

さて、先日に引き続き本の紹介です。


■タイトル:『日本でいちばん大切にしたい会社』
坂本光司 著

著者は法政大学院政策創造研究科教授。難しい文章はなく、とても読みやすい本です。そして、読んだらかならず涙すると思います。心に響きます!


第一部 会社は誰のために?

「五人に対する使命と責任」
一、社員とその家族を幸せにする
二、外注先・下請企業の社員を幸せにする
三、顧客を幸せにする
四、地域社会を幸せにし、活性化させる
五、自然に生まれる株主の幸せ


第二部 日本でいちばん大切にしたい会社たち

1.日本理化学工業株式会社
 障害者の方々がほめられ、必要とされる場をつくりたい

2.伊那食品工業株式会社
 「社員の幸せのための経営」「戦わない経営」を貫き、四十八年間増収増益

3.中村ブレイス株式会社
 「人を支える」会社には、日本中から社員が集まり、世界中からお客さまが訪ねてくる

4.株式会社柳月
 地域に生き、人と人、心と心を結ぶ経営を貫いていく

5.杉山フルーツ
「あなたのお客でほんとうによかった」と言われる、光り輝く果物店

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

とにかく、企業にとって大切なものは何かを再確認、再認識するなんて、軽々しく一言では言えなくなりました。
企業、経営者のみなさんだけでなく、社会人みなさん、社会人準備期間中のみなさんにぜひ!読んでほしい本です!!

人の大切さがじわじわとしみてきます。仕事の意味を考えさせられます。
読み終えて、あたたかな気持ちになり「自分も誰かのために何かしたい!」って気持ちがわいてきました。

2008年4月に第1刷発行、2009年2月で第31刷発行です。それだけ売れている、注目されている、興味を持たれている、そういう本なのですよね。

紹介してくださったセンパイに感謝♪
ちなみに、日本理化学工業株式会社の大山泰弘さんが執筆した『働く幸せ』も気になりますね。

『ローカル線ガールズ』

517gSrLUNBL.jpg
こんにちは!
このところ、よいお天気がつづきますね(^-^)
空をながめることが大好き!な私、どんな空も好きですが“青い空”“白い雲”はやっぱりお気に入りの空です。

さて、昨日職場のセンパイから「超〜よかったから、読んでなかったら読んで!」とオススメされた本を読みました。
職場のお仲間から借りているらしいのですが、わざわざ自宅に届けてくれたんですよっ!

■タイトル:ローカル線ガールズ
嶋田郁美 著

著者は現役のローカル線ガールズの一人。“えちぜん鉄道の第一期アテンダント”として、活躍中。

帯には《えちぜん鉄道 優しい成功》〈奇跡の復活〉と大きな見出し。そして「廃線から市民の願いを受けて復活した 福井・えちぜん鉄道。「乗客をもてなす」心はアテンダントたちの仕事にあらわれている。「心」が結果を生んだ感動実話。」と綴られています。

コンテンツ
[第1章]時速五○キロの職場
[第2章]小さな鉄道の大きな奇跡
[第3章]「アンタは要らない」
[第4章]仕事は、自分で作るもの
[第5章]目配り、気配り
[第6章]業務連絡は楽し
[第7章]支えてくれる人たち
[第8章]笑顔の力

どのコンテンツもヒントがたくさん!
読み進めて『市民運動により、多額の募金が集まったこと』『 沿線市町村からの署名は7万人に達したこと』を知り、胸が熱くなりました。

はたして、自分はこれだけ熱意を持って地域のことや家族のことを考えているだろうか。
仕事に対して責任を感じているだろうか。
自分を振り返り反省。でも、反省ばかりではありません。「自分も同じ気持ちで取り組んでる!」って共感できる部分もたくさんあって、励みにもなったり。

たくさんの文章の中には、景色を描写されている部分がたくさんあって、福井の魅力がしっかり伝わってきました!「観に行きたい!」って本気で思ってます。(著者の思うツボ!?)

もちろん彼女たちの“おもてなし”にふれたいと強く感じました☆


おもてなしとは何か。私なりに思うところは
“すべてのお客さま”を“自分にとって大切なひと”ととらえることで、自然に相手の立場にたった応対をすること
かなぁと。すべては“For you”の気持ちで。

大切な家族や恋人や友人には、タイムリーかつフィットするような心配りをしてますよね。


とにもかくにも、読みやすくてぐんぐん読めてしまう素敵な本です。
サービス業に携わる人ばかりではなく、たくさんの人に読んでほしい一冊です!

ちなみに、最後の章で「関連するブログをチェックして、意見をヒントにしている」と記されてました。
もしも、このブログに目がとまってくださったら嬉しいなぁと思います。


では今日も、笑顔と幸せにあふれる素敵な1日でありますように…。

『ありがとう』の気持ち。

こんにちは。
秋の気配から一転、暑い日がつづいています。とはいえ、空気は確かに秋の様子で爽やかですね。

さて、久しぶりの更新は本の紹介です。

■タイトル:「ありがとう」の届け方
堤信子 著

アナウンサーとして活躍している彼女、どこにこんな心の余裕があるの〜!?と思ってしまうくらいに素敵なヒントがたくさん!

“ありがとう”の伝え方はいろいろあるけれど、形式ばったり型にはまった方法じゃなくても、心をこめて伝えるのが大切なんだということを再確認させられました。


実はこの本、友人が「yakoさんが好きだろうな、と直感する本に 出会ったのでメールしました」と紹介してくれたもの。
「ページをめくるたび、yakoさん好きかもしれないなあってふと思ったんですよ」とメッセージを添えて。

こんなに素敵な直感で私を思い出してくれたこと、とっても嬉しくてしあわせな気持ちがあふれました☆

早速期待いっぱいに書店に行ってさがすも見当たらず、お取り寄せしていただき待つこと一週間。手元に届くものの、本をひらけるまでに一週間。ようやく念願かなってページをめくったわけです。

読みすすめてさらにしあわせいっぱい!
このところの忙しさに疲れ切って忘れていた心の潤いを取り戻せた気がしました。

kayさん、いつも素敵な情報をどうもありがとう♪

見えてるつもりで、見えていない!?

こんばんは☆
はっきりしないお天気が続きますね。日中は蒸し暑いけれど、朝晩はまだ涼しくてさわやか。うっかりすると風邪ひきそう。

さて、本日の主題は
『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』
小宮一慶 著
という本の帯に大きく表記されていたもの。

“見えてるつもりで、見えていない”なんて言われたらドキッとしませんか?
個人的に印象深かったのはこちら。


【見える力の大原則】
1.気にしていると、ものは見える
2.思い込みがあると、ものは見えない
3.人は、自分に必要なことだけを選んで見ている
4.人は、本当に必要なことを見ていないことも多い


今回この本を読ませていただいたのは、元上司から「講演のために使用した本です。よかったらどうぞ。」とお薦め(プレゼント?)されたから。
近ごろ、ビジネス書はおろか読書も勉強も怠っていたので、読書習慣のきっかけになりました。

しかも、ちょうど考え事をしていたので(業務で育成担当者向けにフォローアップ研修を考案中)、頭の中を整理させて解決方法を見つけだすこともできました。
はやく実践したくて、今からわくわくしています(^-^)

この本はとても薄くて、内容も簡潔なので読みやすいです。何かアイデアを生み出したいなぁと思う方にもオススメです。


◆悩み事を解決するきっかけは?

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM