スポンサーサイト

  • 2009.11.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


メアリーブレア展。

こんばんは☆
かなり久しぶりの更新です(^_^;)ご無沙汰しておりました。
9月末から、私にしてはパタパタしてました。わりとゆったり過ごす方なのですが、今振り返ると疲れを溜めながら過ごしていたかも。
さて本題ですが、先月初旬まで東京都現代美術館にて行われていた『メアリーブレア展』に足を運ばれた方も多いのではないでしょうか?
20091003200400.jpg
私自身、ウォルトディズニーをとても尊敬しているので、期間中何度も行こう!って思っていましたが、ようやく都合をつけたのは10/3(土)の午後…。
そりゃあもうすごい混雑(@_@)駐車するまでに一時間、チケット購入までに40分、入館までに30分…。
でも、待ったかいありましたよっ!!!ゆっくりじっくりは観賞できませんでしたが〜、『ウォルトが信じたひとりの女性』というからには、本当に素晴らしい女性でした。
もちろん、イラストや絵本もとても素敵♪美術館の中は撮影禁止なのですが、一部だけOKな部屋があったのです。その写真がこちら。
20091003192239.jpg
20091003192146.jpg
20091003191841.jpg
このドリンクのポスターめちゃめちゃかわいくって!ポストカードも必死でさがしてゲットしました(^-^)v
このスペースのあと、最大に期待していた“It's a smallworld”のスペースへ…。もう、感極まりました。あの作品の数々はぜひ多くの方にご覧いただきたいです!私の少ないボギャブラリーでは語りきれないです。
で、この展示会の詳細はこちら。終了してはいますが、メアリーブレアがどんな女性だったのかがわかりやすく説明されていますよ。
残念ながら日本での開催はこれが最後だとも言われています。
いつかどこかでの再会を楽しみにしたいところですね。
それではまた!
寒暖差のある不安定な天候が続きますね。体を大切に元気な毎日を過ごしましょう〜(^-^)/~~



『リンゴが教えてくれたこと』

i.jpg
こんばんは。
さわやかな陽気が続いていますね。関東では残暑は感じる間もなく秋を迎えてしまいました。
体調管理も難しくなりますが、栄養・睡眠たっぷり摂って元気に毎日を過ごしましょう。

さて、今回はこの本に感動です!
私の父親の出身も青森県。その昔はリンゴ栽培もしていたそうで、冬になると毎年リンゴが送られてきていました。

■タイトル:『リンゴが教えてくれたこと』
木村秋則 著

著者は2007年NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演、2008年『奇跡のリンゴ』に取り上げられたことで、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
数多くの苦難の道を歩みながら、ついに完全無農薬・無肥料のリンゴ栽培に成功。現在はリンゴ栽培のかたわら、全国・海外で農業指導を続けているとのこと。

以下、目次紹介。

第一章 木村、やっと花が咲いだよ

第二章 農薬はつらい―無農薬・無肥料への一念発起

第三章 死を覚悟して見つけたこと

第四章 米の自然栽培は難しくない

第五章 全国、世界へと広がる輪

第六章 すべて観察からはじまる

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

木村さんは、1988年5月13日のことを今も思い出すと涙がでると言います。無農薬栽培を始めて、初めてリンゴの木に花が咲いたのを目にした日です。

お祝いに「よく、頑張ってくれたなぁ」「ありがとう、よく花を咲かせてくれたね」と一本一本の木に日本酒を振る舞い、ねぎらったそうです。

成功に至るまでは本当に考えられないほどの苦難の道で、それでもご家族のご理解やご協力があり、なんとかやってこれたと言います。このご家族とのエピソードも胸熱くなるものがあります。


この本は農業にかかわる人のためだけのものではありません。
誰にも何かしらのメッセージが伝わると思います。

私自身は、人材育成の一端を担うお仕事をさせていただいてますが、この本を通じて改めて考えさせられたことがたくさんありました。

・環境づくりのヒント
・誉め、ねぎらうことの大切さ
・観察を通じて相手の少しの変化、反応に気付くこと
・うまくいくことがあれば、それは自分ではなく周囲に感謝すること
・常に探究と向上の心をもつこと

あれ?なんだか言葉にすると軽くうすっぺらくなっちゃいますね。私の表現力の問題でもありそうですが…。
木村さんのリンゴ栽培についてのサクセスストーリーとしても十分に読みごたえがありますが、自分に置き換えて読み進めるとまたおもしろい発見があると思います。

そして、木村さんにもいつかお会いしたい!『奇跡のリンゴ』も読みたいですね。

『田舎に泊まろう!』その3

こんばんは。
めっきり秋らしい爽やかな陽気が続いていますね。

さて、『田舎へ泊まろう!』から早くも一ヵ月以上が経過しました。すっかりうっかりでしたが、一泊二日の二日目をご紹介したいと思います。

二日目の様子は↓↓↓↓↓

1.朝食
・小布施茄子入りお焼き
・野沢菜入りお焼き
・おから入り豆腐
・トマト、きゅうり
・お味噌汁
とにかく、宿泊先のお寺で売られているというこのお焼き二種がとーっても美味しいんです!過去いただいた中でナンバーワンの美味しさでした。
お豆腐は、となりのお店なのですが当日は休日。お休みにもかかわらず私たちのために、こしらえてくださいました〜!めずらしいのがおから入りというところ。日本全国でも初めて試みたのがこのお店らしいですよ。

2.筆遊び
副住職さまは、書道の先生でもあるようです。お習字じゃなくて、書道。
きれいな形の文字を書きましょうではなく、イメージをふくらませて自由に思いのままに筆をはしらせます!
練習したあとには、本番でうちわにします。うちわは記念におみやげになりました♪

3.畑で記念撮影
収穫体験予定だったとうもろこし畑に行きました。
お天気よくて、風が爽やかに気持ち良くて、広い広ーいとうもろこし畑のまわりは山に囲まれて…最高の景観でした!

4.昼食
・手作りピザ
窯も手作り!すごいっ!ピザのトッピングは、地元野菜がふんだんに。たまねぎ、かぼちゃ、トマト、茄子、パプリカ、しいたけ…など。
初め、焼き加減に失敗してしまったピザは、トッピングだけお箸でいただきました(笑)!それでも十分美味しい(^O^)

・流しそうめん
前日私たちが竹細工体験している間に、地元の有志の方達がすでに流しそうめんの筒用に竹の節をけずってくださっていました。
しかも私たちが畑に行っている間に、組み立ててくださってました。
風情ある流しそうめんの薬味は、これまた地元で採れたもの。みょうが、大葉、ねぎ。
みんなでわいわい楽しく美味しい昼食をいただきました〜。

帰り支度をし、ご挨拶をしてお寺を出発しましたが、なんだかお別れが淋しかったですね。
二日間、至れり尽くせりのおもてなしをしていただきましたが、最後の最後には地元野菜の詰め合せまでお土産にいただきまして…本当に素敵な方達でした!
小布施、すばらしいところですね☆

まだ訪れたことのない方にはぜひオススメします!
秋を迎えてますが、美味しい栗にありつけますよ〜!そして秋が深まる頃は紅葉も美しいでしょうね。
私もまたいつか訪れたいです。

第二回 焼き魚の会!

こんにちは!
残暑というほどの残暑を感じないまま夏の終わりを迎えてしまいそうですね。とは言っても今日の日中も暑そうですが(;^_^A

さて、8月の終わりに『第二回 焼き魚の会@我が家』を開催しました。

前にもお伝えしましたが、職場のお仲間のみなさんは一人暮らしをされている方がおおく、「自宅じゃ焼き魚が食べられない」ということで我が家に集まって。ついでにおばんざいもたべちゃおう!という主旨で、不定期に開催されてます。

今回お越しいただいたのは先輩三名(ドキドキ!)と、社内報担当の知人、そしてかわいい妹分の新卒ちゃん♪
時間差でお越しくださったので、なんとかお部屋におさまりました(汗)。

今回のメニューはこちら
↓↓↓↓↓↓↓

・トマトのイタリアータサラダ
・チンゲンサイの胡麻和え
・里芋の煮物
・ひじき煮
・焼き魚(イサキ)
・豆腐の牛肉巻 梅風味
・ジャガイモスペインオムレツ
・冷や汁


トマトサラダ以外は全て母の手料理です(o^o^o)
どれも美味しくいただきましたが、個人的にヒットだったのは“冷や汁”!!

胡麻と味噌を水(普通はおだしですよね)で割り、焼いた鰺の干物のくずし身と好きな薬味(大葉、みょうが、小葱)を混ぜて…。
宮崎の郷土料理だそうですが、長崎出身の母も幼い頃に食べた記憶があるようです。

今回のお魚は、母の田舎から送られてきたもの。大きくて、しっかりイサキの味がしました!

みんなお腹いっぱい〜で、デザートがはいらない!って言ってましたが、手土産にいただいた“オレンジ・レアチーズケーキ”、わりとお腹にはいってました(笑)!
そして今回も食べるのに夢中で、写真を撮り忘れてしまいました…。

やっぱり大勢でいただくご飯は美味しいですね!
お母さんいつもありがとう!!

『日本でいちばん大切にしたい会社』

51vvdYvBVXL.jpg
こんばんは☆
オフ日はだらだらとし続けてしまっています…。
夏ばてするほどにはお仕事してないし、食事はばっちりで食欲旺盛だし〜。
まぁ、暇が多い…いや時間にゆとりがあるってことにしよう。

さて、先日に引き続き本の紹介です。


■タイトル:『日本でいちばん大切にしたい会社』
坂本光司 著

著者は法政大学院政策創造研究科教授。難しい文章はなく、とても読みやすい本です。そして、読んだらかならず涙すると思います。心に響きます!


第一部 会社は誰のために?

「五人に対する使命と責任」
一、社員とその家族を幸せにする
二、外注先・下請企業の社員を幸せにする
三、顧客を幸せにする
四、地域社会を幸せにし、活性化させる
五、自然に生まれる株主の幸せ


第二部 日本でいちばん大切にしたい会社たち

1.日本理化学工業株式会社
 障害者の方々がほめられ、必要とされる場をつくりたい

2.伊那食品工業株式会社
 「社員の幸せのための経営」「戦わない経営」を貫き、四十八年間増収増益

3.中村ブレイス株式会社
 「人を支える」会社には、日本中から社員が集まり、世界中からお客さまが訪ねてくる

4.株式会社柳月
 地域に生き、人と人、心と心を結ぶ経営を貫いていく

5.杉山フルーツ
「あなたのお客でほんとうによかった」と言われる、光り輝く果物店

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

とにかく、企業にとって大切なものは何かを再確認、再認識するなんて、軽々しく一言では言えなくなりました。
企業、経営者のみなさんだけでなく、社会人みなさん、社会人準備期間中のみなさんにぜひ!読んでほしい本です!!

人の大切さがじわじわとしみてきます。仕事の意味を考えさせられます。
読み終えて、あたたかな気持ちになり「自分も誰かのために何かしたい!」って気持ちがわいてきました。

2008年4月に第1刷発行、2009年2月で第31刷発行です。それだけ売れている、注目されている、興味を持たれている、そういう本なのですよね。

紹介してくださったセンパイに感謝♪
ちなみに、日本理化学工業株式会社の大山泰弘さんが執筆した『働く幸せ』も気になりますね。

『ローカル線ガールズ』

517gSrLUNBL.jpg
こんにちは!
このところ、よいお天気がつづきますね(^-^)
空をながめることが大好き!な私、どんな空も好きですが“青い空”“白い雲”はやっぱりお気に入りの空です。

さて、昨日職場のセンパイから「超〜よかったから、読んでなかったら読んで!」とオススメされた本を読みました。
職場のお仲間から借りているらしいのですが、わざわざ自宅に届けてくれたんですよっ!

■タイトル:ローカル線ガールズ
嶋田郁美 著

著者は現役のローカル線ガールズの一人。“えちぜん鉄道の第一期アテンダント”として、活躍中。

帯には《えちぜん鉄道 優しい成功》〈奇跡の復活〉と大きな見出し。そして「廃線から市民の願いを受けて復活した 福井・えちぜん鉄道。「乗客をもてなす」心はアテンダントたちの仕事にあらわれている。「心」が結果を生んだ感動実話。」と綴られています。

コンテンツ
[第1章]時速五○キロの職場
[第2章]小さな鉄道の大きな奇跡
[第3章]「アンタは要らない」
[第4章]仕事は、自分で作るもの
[第5章]目配り、気配り
[第6章]業務連絡は楽し
[第7章]支えてくれる人たち
[第8章]笑顔の力

どのコンテンツもヒントがたくさん!
読み進めて『市民運動により、多額の募金が集まったこと』『 沿線市町村からの署名は7万人に達したこと』を知り、胸が熱くなりました。

はたして、自分はこれだけ熱意を持って地域のことや家族のことを考えているだろうか。
仕事に対して責任を感じているだろうか。
自分を振り返り反省。でも、反省ばかりではありません。「自分も同じ気持ちで取り組んでる!」って共感できる部分もたくさんあって、励みにもなったり。

たくさんの文章の中には、景色を描写されている部分がたくさんあって、福井の魅力がしっかり伝わってきました!「観に行きたい!」って本気で思ってます。(著者の思うツボ!?)

もちろん彼女たちの“おもてなし”にふれたいと強く感じました☆


おもてなしとは何か。私なりに思うところは
“すべてのお客さま”を“自分にとって大切なひと”ととらえることで、自然に相手の立場にたった応対をすること
かなぁと。すべては“For you”の気持ちで。

大切な家族や恋人や友人には、タイムリーかつフィットするような心配りをしてますよね。


とにもかくにも、読みやすくてぐんぐん読めてしまう素敵な本です。
サービス業に携わる人ばかりではなく、たくさんの人に読んでほしい一冊です!

ちなみに、最後の章で「関連するブログをチェックして、意見をヒントにしている」と記されてました。
もしも、このブログに目がとまってくださったら嬉しいなぁと思います。


では今日も、笑顔と幸せにあふれる素敵な1日でありますように…。

『田舎に泊まろう!』その2

P1050032.jpg
こんばんは!
夏、元気にお過ごしですか!?お盆休みウィークですね。事故・怪我ないように、楽しく過ごしましょう!

さてさて、先日の“初日”続き…。

8.竹細工体験
お寺の脇道をあがっていき広場へ。真横に竹林。
・太めの竹の節を利用した竹筒グラス製作。鋸で思いの外簡単に切り落とせました!が…底がやや曲がってる(^o^;まぁ、たてられなくはないのでご愛嬌(笑)。
切り口は小刀で削り、飲み口を調整。
・グラスの余りでマイ竹箸を製作。こちらも小刀で削っていきますが、太さがなかなか合わないッ(笑)。でも無事にお箸とグラスが完成。

9.バームクーヘン作り
・竹林から、やや細目の竹を切り落とす
・既に準備されたタネ(おそらくホットケーキミックスに砂糖を加えたもの)、そして炭火!
|櫃凌燭鹵翳佞蠅魏个砲△屬蝓一度火から外す。
▲織佑鮹櫃砲ける。
2个両紊巴櫃鬚劼燭垢蕾鵑后タネが落ちないように!
あとは、焼き色がついてきたら↓を繰り返す。にしても、暑さ倍増でしたっ。
私たちのバームクーヘンはちょっとがさつ(笑)!写真ができあがりです。

10.バーベキュー(夕飯)・まずは自作のマイ竹筒グラスで乾杯♪生ビールが用意されていました\(^O^)/
竹筒グラスで飲む生ビール、最高に旨い!ぬるくならないし、気泡も残ってイイ!
・食材はすべて地元で採れた野菜。アスパラ、玉葱、じゃが芋、とうもろこし、なす、ピーマン、かぼちゃ。。。野菜の味の旨味、濃度が違う!とっても美味しい!
焼そばも野菜たっぷりで美味しかったぁ♪

11.温泉
バスで移動して、近場にある温泉へ。
硫黄のかおり漂う、正しく温泉!露天もあり、わずかな時間でしたが夜空をながめ、夜景をながめて楽しみました★
バス移動の中では、みんなに職場でのパフォーマンスを披露する方アリ!チビッコたち楽しんでました(ヤッタネ!)。

12.就寝準備
お布団を上の部屋に運んで(パパたち頑張れ〜!)、私たちは自分達の寝床に布団敷き、女性陣はおしゃべりに花を咲かせました♪

13.野外宴会
しばらくして暑さも落ち着いた頃、お寺の前に移動。
小さく宴会。仲良くなった娘さんたちも一緒に楽しいお話を聞かせていただきました。
残念ながら星空ではなかったけれど、自然空間の中での楽しいおしゃべりと、美味しいアルコール…夢の中みたい。

で、少しずつ夜が更けていったのデシタ★

『田舎に泊まろう!』

P1050016.jpg
おはようございますっ!
関東は暑い日が続きますね(+_+)引き続き夏ばて対策をしっかりしたいものです。

さて8月上旬に、一泊二日で、長野県の小布施町に行ってきました!
心配していたお天気も、雨に降られることなく二日間とも過ごせました。

今回の企画は労組のものだったので、夏休み企画ということもありファミリーでの参加もたくさんでした。
かわいいチビッコもたくさん、おませな小中学生もいたりして、ふだんとは違う環境が刺激的!

参加を決めたわりに行くまでは少し不安もありましたが、二日間楽しく過ごしてきました。

初日↓↓↓↓↓

1.集合
2.バスで出発!四時間の旅
・道中で自己紹介。各家族の代表が紹介することに。私たちは職場のお仲間と誘い合わせだったので、擬似家族ですが…(笑)。

3.現地の観光スポット到着
・現地のコーディネーターの皆様と合流

4.人気のお食事処『蔵部』でランチ
・食前酒(地元の大吟醸)
・茄子の味噌あえ
・ハマチの照り焼き
・栗おこわ
・アラ入り味噌汁
・すいか(デザート)
栗おこわが最高に美味しかったです!
ご存じの方も多いかもしれませんが、小布施は“栗”が特産物なんですよ!

5.宿泊先へ移動
・お寺に泊めていただきました。
・山の空気は本当に気持ちいいですね〜!眺めも美しく癒されます。

6.宿泊先にて旅の目的・注意事項確認
・現地のコーディネーターの皆様の自己紹介。あれ?私だけ自己紹介しなかったような(^o^;
・旅の目的…農業体験

7.農業体験
・企画当初は野菜収穫の予定でしたが、今年の天候不順の影響で野菜収穫は断念せざるをえなくなりました
・代わりに果物狩り♪桃狩りをしました!一人二個ずつ選びますo(^-^)o
・桃にもいろいろ種類がありますが、今回は“あかつき”という種類だそうです
・美味しい桃の見分け方…さわ(おしりの割れ目のようなところ)が平らで全体に赤みかかったものを選ぶ
・わりと真剣にえらびましたが、味はまだ確認してません。そろそろ食べ頃かも!?
・みんなで記念撮影しました


このあとお寺へ戻りますが長くなってしまったので、続きはまた後日。

ではお盆休みの皆様、事故や怪我のないようにお過ごしくださいませ。

今日も笑顔と幸せあふれる1日となりますように。

8連休最終ビッ!

200907301925000.jpg
おはようございます。
いよいよ8月ですね。まだ梅雨明けしない地域もありますが…。サマーバケーションの計画はたてられましたか?

昨日は、だいぶ気温さがりましたねー。風邪ひいたりしないように気を付けましょう。
急な気温の変化に対応できるように、カーディガンなど薄めの一枚を持って歩くといいですよね。

さて、一昨日(7月30日)はタイトルどおり長期休暇の最終日でした。かねてより開催したかった職場のお仲間(ガールズ)とのお食事会が、無事に実施されました〜\(^O^)/

今回の目的は…7月上旬に部内のガールズ全員での“女子部合宿”ばりの旅行に、残念ながら参加できなかったメンバーを中心に『参加できなかった気持ちをリカバリーしよう!』と。
私も残念ながら参加できなかったのですが、せっかくの大事なコミュニケーション活動を逃したままではもったいナイ!ということで急遽企画しました。

場所はイクスピアリ4Fにある『MADAME愛莉』という中華レストラン。今回は個室をリザーブして情報漏洩がないように準備バッチリです。

18:30〜の予定のところ、珍しく15分も前に到着(一応幹事ふう)。10分前まで外で待ちましたが、みなさん遅れ気味の連絡あったので先に店内へ。
ひとり個室に通されて、さながら『グータンヌーボ』のロケ気分。わくわくしました(笑)!

しばらくすると、メンバーが続々登場。メンバーにはスペシャルゲストとして、部は違いますが業務でお世話になっている方にも(もちろん女性です♪)ご参加いただきました。

食したメニュー一覧♪
↓↓↓↓↓↓↓

・棒々鶏
・焼き餃子
・水餃子
・小龍包
・エビのチリソース
・焼売
・麻婆豆腐
・豆腐サラダ
・鶏さくさく揚げ
・帆立ブロッコリーアスパラ炒め
・五目土鍋ご飯
・エビイカ春巻
・北京ダック
・タピオカミルク
・杏仁豆腐

明らかに食べ過ぎですね(*_*)でも、どれも美味しかったです!写真は“北京ダック”ですが、あまりキレイに撮れなくてすみません〜。

円卓でみんなの顔が見渡せて、美味しい食事があって、普段はなかなか知ることのないみんなのことを知る機会になって…みなさん楽しそうだったのでよかった。

早くも「次の企画はいつですか?」の声があがっていました。楽しい女子会、次はいつかなぁ(^o^;

大好き☆イタリアン!

200907241317000.jpg
こんにちは(^O^)/

先日、久しぶりに母と二人で外食をしました。以前から「ぜひ食べさせてあげたい!」と思っていた、イタリアンレストランへ行きました。

実は私、前世はイタリア人だったと本気で思うほど、イタリアンが大好き!パスタもピッツァもリゾットも、毎日食べたって絶対に飽きない自信があります(笑)!でも、お年頃なので(!?)体のことを考えるとさすがに毎日は…(^o^;

今回足を運んだのは舞浜にあるイクスピアリという商業施設4F『ピッタ00(ゼロゼロ)』というお店。
今では当たり前になりましたが、ここは店内に焼き窯があるのです。そう、つまりは“本格ピッツァ”がオススメ!

ランチのセットは、パスタかピッツァを選べたので、それぞれを一つずつオーダーしてシェア。
ピッツァは“マルゲリータ”にしました。写真がそのピッツァです。
生地は薄いのにモッチモチ。食べごたえはあるけど重くない。とーっても美味しいんですよ〜!!!
今回は定番にしましたが、種類豊富でどれも美味しそう♪次回は4種のチーズがのっている“クアトロ・フォルマッジォ”にしよ〜う!と話ながらお店をでてきました(笑)。

ちなみに、飯田橋にも2号店があります。
これ読まれたかた、ぜひ一度は訪れてみてくださいね!

では、今日も笑顔と幸せあふれる1日になりますように…。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM